キャッシングの借り換え注意

Featured

キャッシングを複数借りている場合、借り換えを検討することも非常に重要なポイントですが、安直に借り換えればいいと思っているとしたら大間違いです。

借り換えとは本来、金利は安くなり、返済額は少なくなり、返済期間は短くなるというメリットだらけの対策と思われがちですが、そうとばかりは言ってられません。

つまり、借り換えにも相応のリスクはつきまとうということです。

一番大きなリスクは返済期間が長くなるというリスクです。

金利がいくら低くなっても、返済期間が長引けばそれだけ返済額も大きくなります。

詳しくは以下のページを参照ください。
キャッシング借り換えおすすめ案件の審査情報

キャッシングを借り換えて一本化するうえでの注意事項がまとめられています。…

金利に注目して借り換え先のカードローンを選ぼう

Featured

一口にカードローンといっても、金利の高い低いには大きな差があります。
もっとも低い金利だと3%を切る場合もありますし、高いなら18%もあります。
3%以下と18%、この違いはさすがに見逃せません。
カードローンの借り換えを検討している人の多くは複数のカードローンを借りている人ですから、借り換え総額も必然的に高額になってきます。
ですから金利に着目するなら下限金利と上限金利、双方をよく検討することが大事です。…

大雪なのに電車に乗る意味がわかりません。

この10日から11日にかけて西日本で大雪となり、交通機関に大きな影響が出ているようです。
報道によると特に鳥取の被害がひどく、JR山陰線では25人の乗客が16時間以上列車に閉じ込められているそうです。

個人的によく分からないのが、これほどの雪の日にわざわざ列車に乗っている人がいることです。
突然の大雪ならともかく、今回の大寒波の到来については数日来、報道されつづけています。さらに、鳥取では先月にも大規模な積雪があり、交通が寸断された記憶がまだ新しいはずです。
雪が降らない地区ならともかく、日本海側で積雪も多く発生する鳥取で、交通が止まるという予測が立たなかったのか理解できません。

わざわざ大雪の日に外出し、列車に閉じ込められてしまうなんて厳しい言い方ですが、自業自得じゃないかと思ってしまうのです。
ただ、幸いにも今回の大雪の影響でも病人や死者は発生していないようです。列車への電力供給が止まってしまうと、命の危険がでてくることにもなりかねません。

雪の日の行動については、注意してなるべく控えめにすべきだと思うのです。
まぁ、そんなこと言っても私もカードローン借りたりしてるので偉そうなことは言えないんですが。。。…

ソフトヤミ金って何?

ソフトヤミ金と呼ばれる業者が出現しているそうです。ヤミ金と言う言葉から非合法な貸金業者であることは間違いありませんが、従来のヤミ金とは少し違うようです。

融資するお金は10万円以下の告知であることが多く、従来のヤミ金業者にありがちな高圧的な言動や態度あるいは強迫行為等はなく非常に紳士的に対応をするのが大きな特徴です。しかし、ヤミ金と言う言葉からわかるように、貸金業どうしての事業者登録は当然していませんし、金利も違法に高い高金利です。こうしたところは従来の合法的な貸金業者からお金を借りられなくなった人が駆け込み寺的に利用するケースが多く、またソフトな太陽から裏切ることを躊躇してしまう利用者もいるようです。しかしそれこそが彼らの狙いですから、こうした違法な貸金業者には近寄らないことが肝要です。…

リボ払いと分割払い

クレジットカードの支払いでよく聞くリボ払い、分割払いとどう違うのでしょうか。

1番大きな違いは、商品ごとに支払うのか、クレジットカード全体で支払うのかという点に違いがあります。分割払いの場合、購入した商品に対する分割払いであり、他の買い物は当たり前ですが一切関係ありません。一方リボ払いの場合は、購入した商品のほかに日々の利用した金額も合算された上で支払いに回されます。故に毎月支払い額を一定にすることができるわけです。もっとも、リボ払いの場合は金利が15%から18パーセント位の幅がありますので、利用額によってはカードローンに借り換えをした方が低金利で利用できます。いちどリボ払いをしている人は金利がどの程度になるのかを計算してみると良いでしょう。…

崖から飛び降りるつもりの小池さん

小池さんが都知事選への立候補を表明した際、崖から飛び降りるつもりでって言ってましたね。確かにこの情勢で自民の支援もおぼつかない中、立候補するなんてものすごい冒険です。でも、あの格好見てたらどう考えても飛び降りるつもりなんてねぇだろって思っちゃいますね。

日々、カードローンの返済や借り換えのことを考えている身としてはずいぶんと住む世界ごちがうんだなと思いました。…

落雷における事故について

このニュースを読んだ正直な感想を言わせてもらえるなら、「仕方ない」の一言に尽きると思う。もちろん残念な事故であるし、亡くなられた方がいることなので悔やむべきことではあるとは思う。ただ、このようなイベントの時に落雷するかもしれないからといってスタッフが避難をさせられるかというと…難しい所があるのではないかとも思う。

実際に私もよくライブやイベントに参加する。その中では台風のような酷い天気の中で何時間も物販に並んだ経験もある。その中で雨にうたれようと後から風邪を引こうとそこは並んだ私の自己責任だと思っている。

自分がそういう考えだからかもしれないが、この落雷も自己責任としかいえない気がする。雷の音がしている時に木の所に避難してはいけないというのは当たり前の知識にような気もするし、雷がそこに落ちるかどうかを予知できるわけでもないので、運営側がいちいち案内をするのもなんだか違う気がする。仮に案内をしていたとしても、イベント会場では運営側の案内が聞こえないこともよくあることだし、開始までに時間があるならもう少しきちんと雨宿りできる所に移動するべきだったとしかいえない気がする。

運営側に全て任せるのはいろいろと難しい。どんな時も自分の身は自分で守らないと…と思う。というわけで、これから借金の借換先を探しにでかけようかと思う。…

日本人力士の優勝が日本経済を導く!?

相撲ファンが心から待ち望んでいた日本人力士の優勝!
琴奨菊が叶えてくれました。
モンゴル人力士の圧倒的な強さを誇る横綱の取組みも魅力がありますが、やはり日本の国技とあっては日本人力士の優勝は盛り上がります。
琴奨菊はこれから結婚式を挙げるので、なんともお目出度いムードが満載。
誰からも祝福される、文句なしの優勝でした。

昔から、巨人が優勝すると日本経済が上向きになると言われてたようですが、長期間に亘る経済の低迷でそんなことは都市伝説化しつつあります。

でも、今回の琴奨菊の優勝は間違いなく日本人に活力を与えてくれました。
会場は毎日「満員御礼」となり、懸賞も毎日たくさん出た模様。キャッシングの借り換え先を探している身としてはうらやましいところです。

「今日の琴奨菊戦はどうかな?」とワクワクしながら、一日を過ごす。
過酷な相撲界において、30歳を超えての初優勝は誰もがパワーをもらったことでしょう。
これがこれからの日本経済にも好影響を与えてくれることを願います。
奥様に「優勝する」と有言実行を果たした琴奨菊。
安倍首相の言葉も、是非とも同じ結果に導かれますように。…

マイナンバー制度に乗じた詐欺

いよいよマイナンバー制度が開始されるが、早くも制度に乗じた詐欺が発生した。高齢者を狙った劇場型詐欺だ。今回もまた、高齢者が狙われている。

まずは、偽の番号を教えられ、第二の人物が、公的機関に寄付する為に番号を貸してほしいと登場し、第三の人物はマイナンバーを教えた事は犯罪だ。記録を消すためと費用を請求した。被害に遭った70代女性はお金を振り込んでしまった。高齢者を狙った詐欺事件は後を絶たない。核家族化が進み、単身の高齢者は身近に相談する家族もいない為被害に遭いやすい。

また、被害にあった事に気が付かず、被害が表面化しづらいという、深刻な問題も抱えており、地域ぐるみでの見守り体制が望まれる。マイナンバー制度については、今一つ実態がつかめていない人も多く、そこにつけこんでの詐欺が増加する事は想像できる。特に、家にいる時間の長い高齢者はこうした被害に遭いやすく、自ら情報を入手する機会も少ない。家族はもちろん、高齢者と関わり合いのある、ヘルパーステーション等とも連携し、被害防止が望まれる。…

今も侵略されている日本

この記事のケント・ギルバート氏の言うとおり、日本は今も中国から(ロシアや韓国からもですが)侵略戦争を受けています。
そう、日本国内で戦争が今も起こっています。

マスコミの方たちはこの大事な事を大きく報道してくれませんが、尖閣諸島はほぼ盗られていると言ってもよく良く、沖縄にもその魔の手が伸びています。
この記事を見て分かるとおり、9条では日本はまったく守れないのです。
憲法の解釈変更という、十何年何十年か後にもしまた民主党が与党になった時に、同じ様に憲法解釈変更と称してして、日本を破壊する口実を与えるにも関わらずこのようなかなり強引な手段をとったのも、すぐにでも中国に対して何らかの対抗策をとらないと日本が日本でなくなってしまうからです。

マスコミの誘導によって、あたかも日本が戦争を仕掛けるような印象を国民に与えて、それに騙されている人々がデモを行っています。
しかし報道とはまったく逆で、この安保法制は中国から日本を守る、戦争を起こさせないようにする法案です。
この事実をせめてネット上からでも、もっと拡散して欲しいです。…

寺社に油がまかれた事件について。

奈良県を中心とした寺や神社に、油のようなものがまかれた事件が、少し前にニュースやワイドショーで取り上げられていましたが、宗教団体の幹部が油をまいたという発言をして逮捕状が取られたようです。

この宗教団体はキリスト教系ですが、設立されたのは2013年と最近ですね。今回油をまいた男性が設立者で、お清めのために油をまいたそうですが、お清めに油をまくなんて聞いたことがありません。日本人の古い心を慣習から解放するという目的で油をまいたなんて、古い寺社を汚すことで、自分の設立した新興宗教を広げようとする魂胆なんでしょうか。とても危険な思想の人間の気がします。

今回の事件がもし迷宮入りしたら、この人はどんどん犯行が大胆になり、そのうち油に火をつけてしまいかねません。

もしこの人がとんでもなくカリスマ性があるなら、オウムのように事件にどんどん加担する信者も増えるでしょう。宗教は自由ですが、法に触れるようなことは、くれぐれも謹んで欲しいと思います。…

新たな対策が必要

副操縦士には精神的な問題があったみたいですが、この事件は事前に防ぐことが出来なかったと思います。

自殺をほのめかしたり、精神科に通っているということだけからは今回のような行為に及ぶとは予想できないからです。

この事件で問題があったとするなら副操縦士を一人にしてしまったことだと思います。
アメリカの航空会社では操縦席で一人にしないように、一人がトイレへ行ったりする時には客室乗務員が代わりに入ったりして操縦席で一人にしないようにする対策をとっているようです。

日本やヨーロッパの航空会社ではこのような対策がまだとられていなかったようです。

この事件をきっかけに新たな対策がとられると思います。
今回はドイツのLCCで事件が起きて、事件の直後はLCCだから安全対策が取られてなかったんじゃないかだとか、設備が古くなっていたんじゃないかと言われていましたが、こういった事件はどこの国のどんなに大きな航空会社でも起きた可能性がありました。
航空業界全体で新たな対策をして安全性を高めることが重要だと感じました。…